「天塩川・地域ブランド化推進委託業務」受託コンソーシアム

1月25日川ガール第3弾!

投稿日:2014年01月27日

みなさん、こんにちは。

1月25日に行われた第3弾川ガール ワカサギ釣りツアーのご報告です。

1月としては、暖かい天気の中、21名の方に参加いただき、旭川を出発しました。

期待で、参加者の会話がはずむなか、朱鞠内湖畔の「レークハウスしゅまりない」に到着。

まず、今回私たちをガイドしていただく、NPO法人シュマリナイ湖ワールドセンター(SWC)職員の黒田綾子さんに、ワカサギ釣りについて、説明を受けました。

CIMG0171

そして、しっかりと防寒対策を行い、いよいよ釣りに向かいます。
スノーモービルと後ろに繋いだソリに乗っての移動です。
初めての方も多く、この時点で、ドキドキです。

CIMG0179CIMG0180

CIMG0186CIMG0188

CIMG0181CIMG0185

黒田さんをはじめとするSWCのスタッフさんたちが前日から準備してくれていたポイントヘ到着。
CIMG0189CIMG0190

 さきほど、レークハウスで受けた説明のとおり準備しますが、実際に雪上で行うのはたいへんです。

そして、準備完了。ワカサギ釣り開始です。

すると、「釣れた!」という声が、いろいろな方向から聞こえてきます。

CIMG0194CIMG0222

CIMG0191CIMG0197

CIMG0199CIMG0200

逃走を試みて、氷の穴に飛び込んだワカサギもいましたが、しっかりと確保しました。

CIMG0210CIMG0192

さらに、ぞくぞくとワカサギが。

CIMG0208CIMG0201

CIMG0209CIMG0216

CIMG0213CIMG0211

上の黒いウエアを着ているのは、川ガールではありません。(念のため)
今回お世話になったバスのドライバーさんです。

今回使った釣竿には、釣針が5本付いているのですが、

CIMG0196CIMG0195

ダブル、トリプルと一度にゲットした参加者もいます。

みなさん、順調に釣果を伸ばしていきます。

でも、そんな好調が続くとは、限りません。

CIMG0205

忍耐が必要な時間帯もあります。

みんな、サオ先に神経を集中しています。

すると、「ばんちょう~、ばんちょう~。」という声。
SWCのスタッフさんの中に、「釣番長が!」。

CIMG0321CIMG0322

(釣っているときの番長の様子は、私が不慣れで、補正ができないほどの手ぶれになってしまったため、レークハウスでとった写真を載せました。)

釣番長は、慣れない参加者をサポートしてくれます。

すると、さっき番長に声をかけていた参加者の釣竿に、

CIMG0221

同時にワカサギがヒット!!!

このあとも、番長を呼ぶ声は、続きます。

そんな中、「終了まで、あと15分です。」とスタッフ。
「え~、もっと釣りたい。」という声が、参加者から多く聞かれました。

しかし、このあと、黒田さんからのサプライズ企画もあり、再びスノーモービルに乗り込みその場所へ移動。

次回に続きます。

「天塩川・地域ブランド化推進委託業務」受託コンソーシアム

「天塩川・地域ブランド化推進委託業務」受託コンソーシアムは、天塩川地域の最大の強みであるアウトドアをじっくりと体験してもらえる事業を構築し、新たなファンを獲得することにより地域の活性化を図る事を目的としています。

コメントを行う場合はログインが必要です。

facebook comments box

カレンダー

2014年1月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

事業コンテンツ

アーカイブ

シェア

PAGE TOP
ビバアルパカ牧場