友達と一緒に遊びにおいでよ

初サイクリングツアー!!前編

初めまして!今回、剣淵町のサイクリングスタッフを担当することになったKです。
僕自身、普段は、運動も全くせず超インドアな生活を送っております。
そんな僕が全く体験したことのないサイクリングのスタッフ担当するにあたって、まずは、サイクリングツアーを体験しなければいけないということで・・・
9月27日に剣淵町にて行われたサイクリングツアーのイベントに参加することになりました。
この日は、天候にも恵まれ気温は、およそ24度、参加者は13名、剣淵町内から旭川市内まで参加しました。

集合写真

今回のコースは初心者コースなので走行距離は、20㎞、アルパカ牧場を出発し剣淵町内、桜岡湖を回るコースになっています。皆さん動きやすい格好をしてきていましたが僕は、アルパカ牧場のスタッフということもありオーバーオールを着用しました。少々場違い…

加藤先生準備風景準備体操

東川出身の加藤さんが基本的な乗り方から後列の方への伝え方などをレクチャーしてくれました。僕と同じく、初めてサイクリングに参加という方もいて、気持的にはとりあえず安心…だったのですが加藤さんから「慣れてなかったら途中からお尻痛くなるかも…」という煽りを受け、走りきれるだろうか僕のお尻はこのコースに打ち勝つことが出来るのだろうかという若干の不安を抱きながらもいざ出発!

牧場から出発2牧場から出発1

出発してみると走りやすく、どこまでいける気がしてきます、さらに普段運動をしてないせいか健やかで爽やかな気分になりました!
皆さん加藤さんにレクチャーしてもらった通りに曲がる場所や止まるときなど手や声を出して後列に伝達していきます。コンビネーションばっちりです。

僕は根からの調子乗りなので、とりあえず皆さん誰よりもオーバーな声とアクションで後列に「右でーす!!」
「段差がありまーす!」などを伝達!!後ろの方も僕の言ったことを復唱してくれて伝達してくれます。
この“ただ一人でオーバーオールを着ている場違いなお前さんよ ひとりじゃないぜ!!”感が心地よいですね。
この一体感を感じられることができるのがサイクリングの楽しいところなのですね。

サイクリング中1サイクリング中2

そして、走ること30分…お尻が少しだけ痛くなってきましたが、剣淵町の秋の景色は、どれもとても綺麗で痛みを忘れさせます。
色鮮やかな田んぼや自然の中を軽快なスピードで走り抜ける感覚はサイクリングならではなんじゃないでしょうか…

電車

スタートして1時間ほどで剣淵町内の駅 東六線駅で一休み。
ここは秘境駅と呼ばれるところで旅ノートやここでしか読めない秘密の無人駅文庫書籍があるそうです。
ちょうど休憩時間中に電車が通り、写真を撮ることもできました。
お水に清涼飲料水、チョコレートやバナナを食べて休憩です。チョコレートが美味しい!美味しすぎてスタッフである僕が一番食べている気が…

さあ残りは10キロほど…無事、僕は牧場に帰ることはできるのか…初戦にしてリタイアか…後編で!!

Comments

コメントはありません。

Trackback or Pingback

トラックバックはありません。

トラックバックURL :
http://www.viva-alpaca.jp/2016/10/12/%e5%88%9d%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%ef%bc%81%ef%bc%81%e5%89%8d%e7%b7%a8/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 
PAGE TOP