絵本の里北海道剣淵町 ビバアルパカ牧場
groove slider

あかり de Night 2022 中止につき歴史を振り返ってみた!

Pocket

毎年2月14日は「あかりde Night」と覚えてくれた方も多くなってきましたよね?

牧場の山肌にキャンドルで描く♡のあかり、ロッジで楽しむ音楽とお菓子…今回も企画をしていました。

が、残念ながら「まん延防止重点措置」も発令され、剣淵町が属する上川管内でも感染者数・自宅待機者数が昨年とは比べ物にならないほど増えている事を考慮し、はじめての「中止」を決めました。

 

そもそも「あかり de Night」 が始まったのは2012年。東日本大震災の復興を願い牧場から3km先のレークサイド桜岡で『祈』と『♡』のあかりを灯すことがきっかけ。そのプレイベントとしてバレンタインデーに合わせ、牧場の山肌にを灯そう!…という事になりました。

【2012年のあかり】

  

【2013年のあかり】

 

2013年は♡だけでなく、山の中腹の小屋にもデコレーション!イベントに参加された方は、夜のスノーモービルドライブも楽しみました。

2014年2015年は残念ながら写真は無いのですが、ロッジでは絵本の読み聞かせも行われましたよ。

【2016年のあかり】

  

度々マウンテンバイクのダウンヒルに来られるYさん夫妻に助けられ、キレイな♡を作ってもらいました。ロッジでは紙コップや紙袋を利用したキャンドルも!地元のお菓子屋さん「山田さん」のケーキとペルーコーヒーをいただきながら、オカリナ演奏を聴く、ちょっと贅沢な夜を過ごしました。

【2017年のあかり】

  

点灯後、ロッジ前で“ウェディングセレモニー”を!参加者でキャンドルサービスをして、雪で作ったケーキに灯した2組を祝福しました。身は寒くとも心が温まるイベントになりましたー♪

【2018年のあかり】

 

ん~ いい写真が無いー 😥

【2019年のあかり】

“スイーツビュッフェ”に挑戦!普段ほとんどお菓子作りをしないスタッフが、前日からてんやわんやで準備をしました。地域おこし協力隊も剣淵産の野菜を使ったスープを提供。こちらは安定した美味しさでした(笑)

甘いもので小腹を満たしながら、盲導犬のお話やオカリナ演奏会を楽しみましたね。

【2020年のあかり】

 

そうそう!スタッフも高齢化してきているからか(?)この年の♡は少し低めの位置に💦

受付までの道にもあかりが並び、とてもキレイでした♪♪

ロッジでは「キヌア葉パウダー」を使ったお菓子プレートを食べながら、旭川教育大学の先生&学生によるサックス演奏を堪能!すごく盛り上がりました 😀

  

【2021年のあかり】

 ♡を作ったけど、右側が…

 えぇい!隠すために踏んじゃえ~~~!

ってことで、スノーアート風に踏んでごまかしました💦

暗くなったらわからないものです 😆

昨年はロッジ内のイベントは中止し、山の♡だけは気合で灯しました。イベントカレンダーをお持ちの方や『バレンタインはあかりde Night」と、洗脳されている方は牧場を訪れてくれましたね。

 

こうして並べてみると、大きさも形もさまざま!真っ白な雪のキャンバスに勘を頼りに♡を描く…地味にスゴいと思っています(笑) 今年は止む無く中止ですが、せっかく考えた企画まで無にするのはもったいない!

なので、3月に違う形で楽しみたいと思います♪

どうか、もう「まん防」が延長されませんように…

 

2022年02月13日 日曜日 14時01分 お知らせ

PAGE TOP